ドリームマップ

目標達成のためのビジュアルツール

ドリームマップは目標達成のためのビジュアルツールです。 直訳すると「夢への地図」。将来なりたい自分の姿をイメージし、台紙の上に写真や文字で表す自己実現のための目標達成ツールです。 

 

2002年に代表の秋田稲美(あきたいねみ)発案のもと誕生して以来、のべ3万人以上が思い思いのHappyな夢をドリームマップに描いてきました。 人はワクワクするような夢(目標)を設定し、それが実現した状況をリアルに想像・宣言をすると、その実現に向けて主体的かつ積極的に行動することができるようになります。よりよい未来をイメージし、見通すことで、ポジティブな思いで毎日を過ごしたり、変化を楽しんでみたり…そんなきっかけとなるのがドリームマップなのです。

2014年 瀧井が作成したドリームマップ
2014年 瀧井が作成したドリームマップ

瀧井智美は、一般社団法人ドリームマップ普及協会の理事及び、認定講師として、関西で多くの人を笑顔にするため、ドリームマップを普及していきます。

平成27年度の実績

平成28年1月 大阪市立桃陽小学校4年生 全生徒に実施

平成28年2月 大阪市立桃陽小学校6年生 全生徒に実施 

平成27年5月

小野市男女共同参画センター《2回連続講座》

〜自分を知ろう!再就職のための初めの一歩〜

1日目:自分の気持ち、これから必要な事を知りましょう。

2日目:自分の強みを知り、ドリームマップで夢を描こう。

 

 

平成27年8月

兵庫県男女共同参画センター 女性のための働き方セミナー

なりたい自分を見つけよう  ~ドリームマップで夢を描く~